沿革・あいさつ

沿革

1966(昭和41)年
前身の「毎日放送映画」を継承し、毎日放送のテレビ番組制作、報道ニュース、
CMの三部門を柱に、制作、技術を備えた総合TVプロダクションとしてスタート。
1970(昭和45)年
大阪万国博が開催されたこの年から、高度経済成長に伴う映像需要の
拡大等好環境を得て組織を拡大。数々の長寿TV番組を制作する。
1977(昭和52)年
技術発展による映像媒体の多様化に対応し、当初のフィルム主体から
漸次VTR化・ENG化への対応も進めていく。
1990(平成2)年
業務拡大のために小型中継車を導入。
1991(平成3)年
毎日放送と業務提携。
1998(平成10)年
毎日放送グループ傘下に入る。中型中継車を導入し、中継体制を整備。
MBS毎日放送を始め、NHK、在阪各TV局、TBS等得意先のウイングを拡げる。
2001(平成13)年
大型中継車を導入。HD化も進める。
2002(平成14)年
毎日放送の完全子会社となる。
2008(平成20)年
株式会社毎日EVRシステムと合併。東京支社開設
2012(平成24)年
東京支社。事務所移転
2014(平成26)年
本社。事務所移転
2016(平成28)年
2月に創立50周年を迎える。
2017(平成29)年
4月に毎日放送が認定放送持株会社体制に移行したことから、
MBSメディアホールディングスの傘下に入る。