会社概要

良質なコンテンツ制作で「社会貢献」

放送映画製作所は1966年、毎日放送テレビの報道、番組、CMの三部門を柱にスタートし、創立50年を超える総合制作プロダクションです。創業時はフィルムが中心の時代で、映画(フィルム)を製作する会社の多くが「〇〇製作所」であったことから、弊社も社名を「放送映画製作所」としました。
1998年3月、毎日放送グループの傘下に入り、30年余にわたる協力関係を更に強化しました。情報社会の高度化、放送のデジタル化に伴い、人材とともに制作設備の充実をはかり、様々なジャンルのテレビ・ラジオの番組制作はもとより、野球・サッカー・ゴルフ・コンサートなどの中継番組の制作、CM・プロモーションビデオの制作、テレビ番組の字幕制作・解説放送、更には放送局への人材派遣、業務委託など、多岐にわたる分野で業務を展開、4K番組の制作など新たな分野へもいち早く対応しています。
2008年4月には、毎日EVRシステムを合併し、東京支社を開設しました。企業のCSR活動や官公庁、学校など公的機関を中心とした、啓蒙・教育分野における制作も手掛けるようになり、印刷物・WEB・DVD等の制作、出前授業やコンクール・セミナー・見学会等の企画・運営業務も行っています。
これからもあらゆるニーズに対応できる「総合プロダクション」を目指し、良質なコンテンツ制作で「社会貢献」してまいります。

平成29年2月
代表取締役社長 小川輝範